Main | April 2004 »

ココログの使い方(設定)

つくってみたけど、いまいち使い方がわからない。

・本家へのリンクをつけたいのだけど、コンテンツにそーいうのがない。
 どうやったらつく?
 (今はプロフィールの中に入っている。あとタイトルのところに無理矢理入れてみた)

・文字が小さいので大きくしたい。
 フォント指定が入っているのかな。だったらそれを解除したい。
 …Operaのバージョンを上げたらフォントが変だったのは直ったけど…。

・コンテンツの並べ替えはOperaだと動かない(IEなら動く)

・コメントはハンドル名必須、メールアドレス無しで投稿できるようにしたい。
 (今は両方有りか、どっちも無しでもよいの2種類しか選べないみたい)

そしてトラックバックって全然わかってないんですけど…。
(説明読んでもわからないよ~)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ツアー概要

2002年8月14日〜21日、モンゴル国のゴビの東のほう、フルンドッホに恐竜化石発掘にいってきた。
日本人だけの恐竜化石発掘サポートツアーで、モンゴル古生物学センターのバルスボルド博士が指導してくれる。
1996年から主催者はいろいろ変ったものの、ずっとバルスボルド博士が日本人サポートツアーに協力して下さっているのだ。
見つけた化石はモンゴルの古生物学センターに送られ、そこで研究される。
一部は日本に来て、一般の人の化石クリーニング体験教室の素材として使われたりもする。
2002年はゴビ・サポート・ジャパンの高橋氏も同行して、「日本で体験用に使わせてもらえる化石」を目当てに発掘をしてきた。

このツアーで発掘した化石の一部は、2003年に群馬県の藤岡市で開催された「モンゴル大恐竜展」の化石クリーニング体験素材となり、多くの人に本物の化石に触れてもらうことができた。。

1996年からの発掘ツアーについては、本家「恐竜&その他諸々」を参照のこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旅行者が撮りがちな空撮

成田から直行便でモンゴルの首都ウランバートルへ。
空からみるとこんな風に違う。
左は成田上空、右はウランバートル上空。
日本空撮モンゴル空撮

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウランバートル到着

空港
ウランバートルの空港。首都の空港なのに日本の地方空港並みに小さい。土地は一杯あるのに(^^;
あまり大きな飛行機はとまれないのに、夏場は日本からの観光客が大挙して押し寄せる。
一時期、ツアー会社におさえられて、飛行機が取れなくて大変だったのだ。

ホテル
ウランバートルではフラワーホテルに泊まった。日本の資本(?)で経営しているホテルだ。
街の中心地からはちょっと離れているがいろいろ便利なのだ。 > 日本語通じるし、大浴場はあるし
画像はホテルの庭にあるゲル(モンゴル式天幕)・バーの入り口。この中で飲んだことは実はない。発掘地にいけばゲルに宿泊だし、星空の元でアルヒ(モンゴル・ウォッカ)飲むし、ね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大浴場激写

ウランバートルのホテルで大浴場があるのって、とても珍しい。
ゴビから帰って来た時はこの風呂がと〜〜ってもありがたいのだ。
ホテル到着直後は誰も入っていなかったので、激写してみた。
14furo1.jpg14furo2.jpg
14furo3.jpg14furo4.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝ご飯&水

15breakfast.jpg
ホテルの朝ご飯は、バイキング形式。といってもそんなに種類があるわけではない。
おかずは配膳される(だったと思う。)
パンとかお茶とかは勝手に好きなだけとる、だったと思う。
行くたびにシステムが変るので(^^;;;

15bottles.jpg
左はミネラル・ウォーター、右はアルヒ(モンゴル・ウォッカ)
これから列車の旅なので調達してきた。
…いや、車内で酒盛りはしない(^^;)。水は携帯必須じゃ。

ちなみに、この山のマークのアルヒのお味はイマイチだった。
昔買った通称ドラゴン・アルヒ(ラベルに竜が書いてあった)が安くてうまかったのだが、みつからなかったのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

車窓から

15sight1.jpg15sight2.jpg
車窓の景色。ウランバートル駅を出るとすぐ草原っぽくなる。

15hiru.jpg15oyu.jpg
本日のお昼・韓国製カップ麺を支給された。車両には給湯器があってお湯使い放題。
我々が乗ったのは二等車両、頼めば車掌さんがお茶(紅茶だったかな)を入れてくれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

道中

15kuruma.jpg15rest.jpg

チョエル駅からは草原を車でぶっとばして2時間くらい。
途中、トイレ休憩…といっても遮るものがあまりないので(^^;;;;;

15gorio.jpg

左はゴリオというばかでいコウロギ。飛べない。右は保護色のトカゲ。こいつらはそこらじゅうにちょろちょろしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キャンプ地到着

恐竜発掘現場のキャンプ地は例年と同じ丘に設置されていた。
ゲルがいくつか並んでいる。ここにみんなで寝泊まりするのだ。
ゲルの中には寝台が設置されている。毛布もあるけど、この上で寝袋に入って寝るのがグー。

15gel.jpg15gelinside.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

到着日の夕食

この日の夕食はパーティー仕様、食堂ゲルで宴会だ。

15shokudou.jpg15yoru1.jpg
15yoru2.jpg15yoru3.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オヴィラプトル!

15obi.jpg
ツアー参加者・真島氏作のオヴィラプトル。なんとはるばるキャンプ地に持ち込んでバルスボルド博士にプレゼントしていた。
真島氏のモデルはリアルなのにすごくかわいい。
欲しい人は工房金竜で情報を拾うべし。

このあと、初日宴会は屋外へくりだし、アルヒ飲み過ぎてつぶれる人、約2名。そのうち1名は翌日の夜まで使い物にならなかった。…現地発掘時間はたった4日なのに…。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

イグアノドン第1現場へ

さあ、いよいよ今日から発掘だ。まずは腹ごしらえの朝ご飯。
16asa1.jpg16asa2.jpg

16start.jpg
2000年にMinew氏が見つけて埋め戻したイグアノドン現場へ向かう。
掘り出すのは結構な作業なので、十分な時間が無い時は後日ということで、埋め戻して置くのだ。
Minew氏のサイトの「思い出のアルバム」にも画像がいっぱいあるぞ。

16gozen.jpg
イグアノドン第1現場の近辺はこんな感じ。
ゴビといってもこのあたりは沙漠というよりは草原のはじっこという感じである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2年ぶりのご対面

16gozen1.jpg
「このへんだったはず」と掘り返して見る。あったぞ、2年ぶりに日の目を見る化石だ。
ちなみに、これが「イグアノドン」だというのはあくまでも仮の話。本当はちゃんとクリーニングして調べてみないと何の化石かは同定できない。
ただ、この時代(白亜紀前期)にこのへんにいたこのくらいの大きさのこんな感じの化石は、過去の発掘例からいってイグアノドンの仲間、ってことなのだ。

16gozen2.jpg
ちょーっとずつ化石を露出させる。午前中の作業はここまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

午後の作業

楽しみなお昼ご飯。スープがうまいんだよな。
モンゴルでの発掘ツアーには専属コックがつく。そしてコックの善し悪しによってメンバーの腹具合が決まる(^^;
ちなみに、私は一度もお腹をやられたことはない。
16hiru1.jpg16hiru2.jpg

16gogo1.jpg16gogo2.jpg
だいぶ骨っぽいのが見えてきた。今日の作業はここまで。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

夕食は昼より軽め

一日のしめくくりは夕食。
お皿の向こうに見えるのは恐竜折り紙。メンバーに上手な人がいたのだ。
16yoru1.jpg16yoru2.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

発掘地での生活は…

17toile.jpg
これはトイレです。
乾燥してるからほりほりでも匂わない。
大をしたら砂をかけること。じゃないと蝿がたまって大変なことになる…。

17semen.jpg
これは洗面所。
水は遠くから汲んでくるのでちーっとずつ遠慮しいしい使う。
当然、発掘地にいる間は風呂無し。といっても、これも乾燥してるから臭くはならない。
4日くらいしかいられないしね。

そして朝ご飯。おかゆが出た。
17asa1.jpg17asa2.jpg


| | Comments (0) | TrackBack (0)

イグアノドン第2現場

こちらは第2現場、こっちもイグアノドンらしい。
でも、かなりモロモロの化石で第1現場よりは状態が悪い。
ジャケットできるように掘り進めたところ。
17gozen1.jpg17gozen2.jpg

17ayasii.jpg
今回はこのほかにもっと状態のいい埋め戻しイグアノドンがあるという話だった。
1996年の発掘ツアーの時にツアーメンバーに最初に見せていた見本(?)イグアノドンが埋まっているので掘って持っていくというのだ。
そんなことなら96年の時のアルバムを研究してくるんだったな。どこだかわかんないじゃいかっ!
ここが怪しいと掘ってみたんだけど何もでなかった。うーむ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うれしやホーショル

本日のお昼ご飯はホーショル(揚げ餃子みたいなもの)だった。
モンゴル料理の中では一番好きなのだ。
でも、日本人メンバーにはいつも不評。もっとさっぱりしたものが食べたいらしい…。
17hiru1.jpg17hiru2.jpg

17dog1.jpg
この年、キャンプには2匹の犬が遊びにきていた。
スタッフの犬ではなく、近隣の遊牧民の犬だそうだ。
「ゲルに入ってはいけない」というしつけが行き届いているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第2現場、化石掘り出し完了

第2現場のイグアノドンは、これで掘り出し完了。
運搬する時に化石が壊れないようにするため、あまり露出させずに土ごと運ぶのだ。
17iguano1.jpg17iguano2.jpg

掘り出した化石は石膏ジャケットで固める。
今日は表側だけ。乾くのを待って明日裏返してまた石膏をつける。
ジャケッティング終了した化石は麻布をかけてしばしお休み。
17jacket1.jpg17jacket2.jpg

この第2現場化石はもろくてちょっと展示用になりそうもない。
96年の見本化石の埋蔵箇所を探してしばしうろつくが、見つからない。
見つからないこと徳川埋蔵金の如く…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

衛星電話

17tel.jpg
衛星電話を持ち込んで、画像など送って実況レポをする…はずだったけど、うまく通信できなかった。
音声電話としてしか機能しなかった。

17yoru1.jpg17yoru2.jpg
おきまりの夕ご飯画像。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

Main | April 2004 »