« チョエルからキャンプ地へ | Main | 発掘初日の午前中 »

さあ、キャンプ地だ

05010045-sフルンドッホのキャンプ地である。
今年は雨が多かったので、キャンプ地から見えるくぼ地の水たまりがでかい。…この画像だと小さくてわからないと思うが。
フルンドッホは恐竜のいた中生代白亜紀も、雨が降ると水がたまり晴れが続くと干上がる、そんな土地だったらしいのだ。今もおんなじ!

05010047-s毎年お世話になるトイレ…。
酔っぱらっていると落ちるぞ(^^;

05010048-s05010049-s
到着の晩はウェルカム・パーティー。机を外に出しての夕食会だった。
アルヒ(モンゴルのウォッカ)をしこたま勧められ…、目が回って早々に寝た…。

|

« チョエルからキャンプ地へ | Main | 発掘初日の午前中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference さあ、キャンプ地だ:

« チョエルからキャンプ地へ | Main | 発掘初日の午前中 »