« カメを掘り出す | Main | ハーブの岩山 »

キャンプ地お食事特集

05010086-s3日目朝、妙なお粥が出た。
実はメンバーの一人が初日からずっとおなかを壊していて、料理があまり食べれられない状態だったのだ。その人は日本から持ち込んだものを食べていたのだが、心配したコックさんが「どういうものだったら食べられるのか」と聞いてきた。私からは「お粥」と答えたのだが、どうも「お粥」がよくわかっていなかったらしい。いつも朝にでる米粒スープではなく、ご飯を煮てもっとどろどろになったもの、と説明したのだが…。
うまく伝わらなかったようだ。この朝出た「お粥」は米をすり潰して煮たもののようだ。ざらざらしている。そしてなんと砂糖味がついている。さらにトッピングにバター。うげげげな味。私ともう一人・なんでも食べられるシュワッチさん以外の日本人は残してしまった。
コックさん、ごめんなさい。でも、これはダメなんです。

05010109-s05010110-s
このポタージュスープ(左)はうまかった。
肉の種類に変化がないので、ソテーはいつも同じような味わい。ちょっと飽きたかも。

05010114-sモンゴルの家庭料理ボウズ。小籠包みたいなやつだ。家庭料理だけあって、つくる人によって味も形も違う。違ってもうまうま。
このボウズはちょっと大きめかな。

05010115-s朝ご飯はほぼ同じパターン。
でも朝ご飯なんだからそれいいのだ。

|

« カメを掘り出す | Main | ハーブの岩山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キャンプ地お食事特集:

« カメを掘り出す | Main | ハーブの岩山 »