« 再び列車の旅 | Main

ウランバートル市内〜エンディング

05010158-s05010160-s
やっとでき上がったモンゴル相撲のスタジアム(左)。
なんか急に緑が増えた気がするスフバートル広場周辺(右)。

05010161-sおみやげを買いに入ったモンゴルのデパート。「2004」の文字は毎年更新されるのだ。
そしてデパート内も常に更新。今年は1階の食料品売り場がかばん持ち込み禁止になっていた。無料ロッカーがあってそこに荷物を預けるのだ。
上のほうの階ではクレジットで衣料品を買ったのだが、なんと磁気でピッとやるレジになっていた!

05010164-s昼食は老舗のウランバートルホテル内レストラン。
このホテル、日本でいえば帝国ホテルみたいなもんだと思う。昔は外国人が泊まるのはここ、とお決まりだったようだ。
私は民主化後にしか来てないので、泊まったことはない。

05010167-s05010169-s
モンゴルの黒ビール「カラコルム」(左)。仲間が飲んだが味は普通の黒ビールだそうだ。
そしてメインディッシュは魚…。食べられなかった。ゴビのキャンプでは食欲不振のメンバーを横目にほとんど全部平らげる私だが、都会の高級料理は苦手。

このあとメンバーは自然史博物館など見学した。
実は、私は都会に出てから猛烈に咽が痛くなって、現地お世話係さんに薬を買ってもらって、昼食後は宿で寝ていたのだった。

05010174-s最後は韓国系バイキングレストランで夕食会。
ここのレストランは民族芸能のミニ・コンサートがある。レストランの興業とばかにしてはいけない、みなさんかなりの腕前。特にホーミーの人は私が今まで聞いた中で1,2を争う名手と見た。オルティンドーのおねいさん(左)もかなりうまかった。
外国人がいっぱい来るレストランだからギャラがいいんだろう、そして名手が集まるのだろう。

2004年のモンゴル恐竜発掘記はこれでおしまいである。
この年は次の組もカメばかりジャケッティングしたらしい。
2005年も行くことができるかな。

|

« 再び列車の旅 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8803/2531414

Listed below are links to weblogs that reference ウランバートル市内〜エンディング:

» モンゴル帝国800周年記念(!?) ウランバートルで大整備事業 [遠い異国の経済情報]
モンゴルの首都、ウランバートル。モンゴル帝国の建立800周年を記念して、「大掃除... [Read More]

Tracked on 2006.05.03 at 11:08 AM

« 再び列車の旅 | Main